第4章 名詞成分 NEXT »

名詞の役割

単・複の表現

名詞はそれ自身の形を変えることで、複数であることを表現します。 大多数の名詞は綴りの上で単数形に -s または -es をつける規則的な複数形を持ちます。 -s か -es かについては、名詞の持つ語尾によって5つの規則があります(表1)。 一部の名詞は固有の複数形を持ち、変化の仕方により5つの型が存在します(表2)。

【1. 規則的な複数形】
単数形の語尾 複数形の語尾
歯の隙間から
息を漏らす音
-es box - boxes / rose - roses / bush - bushes / lunch - lunches / bridge - bridges
有声音 -s bed - beds / wave - waves / chain - chains / ring - rings / star - stars / tree - trees / boy - boys
無声音 -s rope - ropes / gate - gates / stick - sticks / roof - roofs / death - deaths
子音字+y y を ie に変えて -s baby - babies / lady - ladies / fly - flies
子音字+o -es または -s hero - heroes / potato - potatoes / photo - photos / piano - pianos / mosquito - mosquito(e)s / tornado - tornado(e)s / volcano - volcano(e)s
【2. 不規則的な複数形】
変化の仕方
語尾を無声音から
有声音に変える
knife - knives / leaf - leaves / wolf - wolves / mouth - mouths /path - paths / house - houses
-en を付ける ox - oxen / child - children
母音を変える man - men / goose - geese / tooth - teeth / foot - feet / mouse - mice / woman - women
同型 deer, sheep, Chinese, Japanese, Swiss
外来語の形 basis - bases / nucleus - nuclei / criterion - criteria / antenna - antenae

格の表現

格とは、文中における名詞の文法的立場を示すもので、 主格所有格目的格、があります。 主格は文の主題の立場、 所有格は所有を表現する立場、 目的格は動作の対象となる立場です。 主格は日本語で「が(は)」、所有格は「の」、目的格は「に、を」の付く 名詞の立場におおよそ対応します。 ⇒詳細は次項

Last Update : 2009.01.18, Author: でるたま~く
Copyright (C) 2009 自由学芸堂英語 All Rights Reserved
- サイトインフォメーション -