« PREV 第3章 動詞成分

その他の動詞

句動詞

句動詞とは、副詞や前置詞が動詞と組みとなって一つの動詞の働きをするものです(例文1~5)。動詞と副詞や前置詞との間に目的語を置くこともあります(例文4、5)。目的語が代名詞の場合は、動詞と副詞・前置詞との間に目的語を置きます(例文5)。

  1. Can we get along on such a small salary? こんな安い給料でやっていけるだろうか。
  2. I couldn’t get away from the meeting. 会議から抜け出せなかった。
  3. You took up most of my time. 君は私の時間の大半を取ってしまった。
  4. I want to take tomorrow afternoon off from work. 明日は仕事を休みたいです。
  5. I will take it away. それは持ち帰ります。

使役動詞

使役動詞は、文の主語が目的語に対してある行為を行わせることを示す動詞です。目的語の後に来る語が、原形(例文1、2、3)か、 to不定詞(例文4、5、6)か、過去分詞(例文7、8)かによって、3つの型に分けられます(表1)。

【1. 使役動詞】
目的語の後に来る語 使役動詞
原形 make, have, let
to不定詞 cause, get, force
過去分詞 get, have
  1. Nothing will make her change her plans. 彼女の計画が変わることはないでしょう。
  2. I’ll have him come early tomorrow morning. 彼に明日はやく来させましょう。
  3. The teacher let the pupils go home. 教師は生徒を家に帰らせた。
  4. What caused you to change your mind? 一体何があなたの気持ちを変えたのですか?
  5. Let’s get her to try the new dish. 彼女にその新しい料理を作らせてみよう。
  6. They forced him to sign the letter. 彼らは彼に無理やり手紙に著名させた。
  7. I must get my hair cut. 髪を切ってもらわらないといけないな。
  8. Can I have it delivered ? それを配達していただけますか?

知覚動詞

知覚動詞は、feel, hear, see のような感覚を表す動詞です。知覚動詞は、目的語の後に不定詞(例文1)、現在分詞(例文2)、過去分詞(例文3)を取ることがあります。

  1. I felt him go out. 私は彼が外へ出るのを見た。
  2. I felt Mary’s hands shaking with excitement. 私はメアリーの手が、興奮して震えているのを感じた。
  3. I heard my name called. 私は自分の名が呼ばれるのを感じた。
Last Update : 2009.01.11, Author: でるたま~く
Copyright (C) 2009 自由学芸堂英語 All Rights Reserved
- サイトインフォメーション -