« PREV 第4章 名詞成分 NEXT »

名詞化

zu不定詞

zu不定詞とは動詞の不定形の前にzuを付けたものです。動詞を名詞化する場合に用いることが出来ます。不定形の目的語を zu の前に置くことができ、その際zu不定詞句の直前にコンマ「 , 」を打ちます(例.1, 2)。分離動詞のzu不定詞は、前綴りと基礎動詞部分との間に zu を入れて作ります。助動詞を用いて zu不定詞 を作ることも出来ます(例.1)。

【例:zu不定詞による名詞化】
  1. Physik zu studieren, ist interessant. 物理学を学ぶことは面白い。
  2. Es ist schön, Deutsch sprechen zu können. ドイツ語を話せることは素晴らしいです。

動詞

ドイツ語の動詞は、始めの文字を大文字にすると名詞化することができ、中性名詞として扱います(例.1, 2)。

【例:動詞の名詞化】
  1. Das Betreten der Rasenfläche ist verboten. 芝生に立ち入ることを禁ずる。
  2. Das ist nicht zum Trinken. それは飲み物ではない。

形容詞

形容詞を大文字で書き始め、意図する性別に従って 形容詞の付加語的用法 と同じ格語尾を付けると、形容詞単独で、「…な人」や「…なこと」という名詞を表現します。男性単数(例.1)、女性単数、及び複数(例.2)の変化語尾を持たせたものは、性別ごとの「…な人」を表します(表A)。中性単数の変化語尾を持たせたものは、「…なこと・もの」を表します(抽象概念なので不定冠詞は付きません)(例.3)(表B)。

【例:形容詞の名詞的用法】
  1. Der Arzt pflegt einen Kranken. その医者は患者の世話をします。
  2. Die Armen werden immer ärmer, und die Reichen immer reicher. 貧しい人達はますます貧しく、富める者は益々富む。
  3. Ich möchte etwas Warmes essen. 何か暖かいものが食べたい。
【表A:形容詞の名詞的用法】
男性 女性 中性 複数
その厄介な男 その厄介な女 その厄介なこと その厄介な人々
1格 der Widerwärtige die Widerwärtige das Widerwärtige die Widerwärtigen
2格 des Widerwärtigen der Widerwärtigen des Widerwärtigen der Widerwärtigen
3格 dem Widerwärtigen der Widerwärtigen dem Widerwärtigen den Widerwärtigen
4格 den Widerwärtigen die Widerwärtige das Widerwärtige die Widerwärtigen
ある厄介な男 ある厄介な女 ある厄介な人々
1格 ein Widerwärtiger eine Widerwärtige Widerwärtige
2格 eines Widerwärtigen einer Widerwärtigen [表2参照] Widerwärtiger
3格 einem Widerwärtigen einer Widerwärtigen Widerwärtigen
4格 einen Widerwärtigen eine Widerwärtige Widerwärtige

中性の場合は etwas や nichts などと共に多く用いられます。

【表B:形容詞の名詞的用法(中性)】
「厄介なこと」 「なにか新しいこと」 「特別何もないこと」
1格 Widerwärtiges etwas Neues nichts Besonderes
2格 - - -
3格 Widerwärtigem etwas Neuem nichts Besonderem
4格 Widerwärtiges etwas Neues nichts Besonderes
Last Update : 2009.01.17, Author: でるたま~く
Copyright (C) 2009 自由学芸堂ドイツ語 All Rights Reserved
- サイトインフォメーション -