« PREV 第2章 文の構造

形式のes

形式主語

特定の事物などを表すのではなく、単に形式的な主語として es を用いることがあり、このときの es を非人称主語と言います。主に、自然現象を表す場合(例.1)、感覚・気持ちなどを表す場合(例.2)、時刻(例.3)・天候(例.4)などを表す場合、成句表現(例.5)、受動表現(例.6)などで用います。また、zu不定詞句(例.7)や節(例.8)を指す形式主語としても用いられます。感覚・気持ちなどを表す場合、及び受動表現では、 es は省略することもあります(例.2, 6)。

【例:形式主語】
  1. Es regnet schon seit drei Tagen. 雨が3日前から降っています。
  2. Es ist mir kalt. (Mir ist kalt.) 寒いです。
  3. Es ist 3 Uhr. 3時です。
  4. Heute wird es kalt. 今日は寒くなります。
  5. In Leipzig gibt es viele Kirchen. ライプチッヒには沢山の教会があります。
  6. Es wird heute nicht gearbeitet. ( Heute wird nicht gearbeitet.)今日は仕事が行われません。
  7. Es ist schön, auf dem Land zu leben. 田舎に住むのも良いものです。
  8. Es ist schade, daß sie nicht zu mir kommt. 彼女が私のところに来ないのは残念です。
  9. Es ist unklar, ob sie hierher kommt oder nicht. 彼女がこちらへ来るかどうか分かりません。

形式目的語

形式目的語の es は後に続く zu不定詞句を受けます(例.1)。他動詞を使った熟語的表現では、特定の事物などを表さない形式的な4格目的語として es を用いることがあります(例.2, 3)。

【例:形式目的語】
  1. Ich fand es schwierig, meine Arbeit innerhalb einer Woche zu erledigen. 私はその仕事を一週間でやるのは難しいと分かった。
  2. Ich habe es eilig. 私は急いでいる。
  3. Er meint es gut mit ihr. 彼は彼女に好意を持っている。
Last Update : 2009.01.16, Author: でるたま~く
Copyright (C) 2009 自由学芸堂ドイツ語 All Rights Reserved
- サイトインフォメーション -