« PREV 付録 NEXT »

語法

特に着目しておくべきであると思われる語の結合やその働きから見られるきまりについて、話題別に取り上げ説明をします。

「今まで」と「これから」の時制

いままでどのくらい続けてきたのか、また今後どのくらいやり続けるのかなどを表現する場合、ドイツ語では助動詞などを用いずに、現在形の動詞とそれに伴う副詞から時制を表現します。

【例:「今まで」と「これから」の時制】
  1. Wie lange sind Sie schon in Deutschland?
  2. Ich bin schon drei Jahren hier.
  3. Wie lange bleiben Sie noch hier?
  4. zwei Jahren hier.
  5. Ich studiere schon zwei Jahre. Und Ich studiere noch ein Jahr.

目的語の語順

通常、動詞が3格と4格の目的語を同時に持つ場合は3格が4格の先に来ますが、4格の目的語が代名詞となる場合、4格は3格の前に来ます。

【例:目的語の語順】
  1. Ich gebe dir das Geld zurück.
  2. Ich gebe es dir zurück.

注意したい動詞と格の関係

動詞が目的語を取る場合、通常、日本語で「~に」に相当する語を3格とし、「~を」に相当する語を4格としますが、ドイツ語の動詞の全てがそのような日本語から考える格を適当とするとは限りません。例えば、日本語で「私は貴方を助けます。」という言う場合、「貴方」は4格に相当しそうですが、ドイツ語では「Ich helfe Ihnen.」 と3格を目的語として取ります。

【例:注意したい動詞と格の関係】
  1. Die Nachricht gefällt mir.
  2. Rauchen schadet der Gesundheit.
  3. Kann ich Ihnen helfen?

前置詞を伴う動詞

動詞の中には、特定の前置詞を伴って用いられるものがあります。

【例:前置詞を伴う動詞】
  1. Interessieren Sie sich für klasische Musik? クラシック音楽に興味はありますか?
  2. Ich denke immer an dich. いつも君の事を思っているよ。
【表:前置詞を伴う動詞】
sich interessieren für [4] / [4] に興味を持つ sich entscheiden für [4] / [4] に決める
sich entschließen zu [3] / [3] を決心する sich erinnern an [4] / [4] を思い出す
sich ärgern über [4] / [4] について怒る sich freuen auf [4] / [4] を楽しみにしている
sich freuen über [4] / [4] を喜んでいる fahren mit [3] / [3] で行く
bitten um [4] / [4] についてお願いする denken an [4] / [4] について考える
antworten auf [4] / [4] に答える danken für [4] / [4] について感謝する
sich verabschieden von [3] / [3] に別れを告げる

kennen, wissen の使い分け

kennen も wissen も、共に「知っている」という意味になりますが、それぞれの違いを簡潔に述べるならば、 kennen は具体的な「人」や「物」を知っている場合に用い、 wissen は「事柄」について知っている場合に用います。

【例:kennen, wissen の使い分け】
  1. Ich kenne ihn nicht.
  2. Ich weiß nicht, wo die Universität ist.
  3. Waren Sie schon einmal im Restaurant?
    Ja, schon oft. Ich kenne es gut.
  4. Wissen Sie, wohin der Bus fährt?
    Nein, ich weiß es nicht.
  5. Kennen Sie Manabu?
    Ja, ich kenne ihn. Aber ich weiß eigentlich nicht, was er studiert.

welch, was für の使い分け

welch は具体的なものの中から「どの?」と聞く疑問詞であり、 was für は漠然と「どんな?」を聞く疑問詞です。

【例:welcher と was für の使い分け】
  1. Ich zeige dir mein neues Auto.
    Welches Auto?
    Das Schwarze!
  2. Ich möchte mir ein neues Auto kaufen.
    Was für eins möchtest du haben?
    Ein schnelles!

an|rufen, telefonieren の使い分け

どちらも「電話をする」という意を表す動詞ですが、 an|fufen は電話を掛ける動作を、 telefonieren は電話で話をしている動作を意図します。

【例:an|rufen, telefonieren の使い分け】
  1. Ich rufe dich später an! 後で電話するよ。
  2. Ruhe! Ich telefoniere mit meiner Freundin. うるさい! いま彼女と電話で話しているんだよ。

wohin? に答える

通常 wohin には zu + [3] で答えます(例.1)。但し目の前にあるものに入るような場合は、in + [4] を用います(例.2)。国や都市などの移動距離が長い目的地を指す場合は nach + [国・都市名] とします(例.3)が、特に冠詞が付く場所へ向かう場合は in + [4] で答えます(例.4)。川や海などへ向かう場合はいきなり水の中に向かうのではなく、沿岸を意味して an + [4] とします(例.5)。また、島のような孤立したものへ向かう場合は auf + [4] とします。 Café, Kino, Restaurant 等へは慣用として ins Café のように用います。

【例:Wohin gehen Sie?】
  1. Ich gehe zur Uni.
  2. Ich gehe ins Klassenzimmer.
  3. Ich gehe nach Deutschland.
  4. Ich gehe in die Schweiz.
  5. Ich gehe an die Nordsee.
  6. Ich gehe auf die Toteninsel.

wo? に答える

通常 wo には in + [3] で答えます(例.1, 2)。島のような孤立したものの上にいる場合、または水に入っている場合などは auf + [3] で答えます(例.3)。川や海等の沿岸にいる場合は an + [3] を用います(例.4)。

【例:Wo waren Sie?】
  1. Ich war im Büro.
  2. Ich war in Deutschland.
  3. Ich war auf Hawaii.
  4. Ich war an der Nordsee.

woher? に答える

通常 woher には aus + [3] で答えます(例.1, 2)。具体的な場所や建物などを示さない場合(例.3)、または人を対象として指す場合(例.4)は von + [3] を用います。

【例:Woher kommen Sie?】
  1. Ich komme aus dem Klassenzimmer.
  2. Ich komme aus Japan.
  3. Ich komme von der Reise.
  4. Ich komme vom Bäcker.
Last Update : 2009.01.18, Author: でるたま~く
Copyright (C) 2009 自由学芸堂ドイツ語 All Rights Reserved
- サイトインフォメーション -