自由学芸堂英語 | 自由学芸堂ドイツ語

自由学芸堂


自由学芸堂について - 内容一覧 - 著作者紹介


自由学芸堂について

本サイト自由学芸堂は、本サイト著作者が必要に応じて体現してきた知識について、 自身の考え方に基づく体系の構築を目指すことを目的として、 ここにウェブサイトとして編集・公開するものです。 このため本サイトの記述は著作者の主観から書かれたものとなっており、 一般的ではない説明や独自に定義された造語も必要に応じ用いられています。 本サイトはそういった性質を持つものですが、 学芸一般に対し、能動的且つ自由な態度で独自の体系を構築しようと試みる方にとっては 何らか役に立つこともあろうと考え、 誰もが目的に応じて閲覧できるよう内容を広く公開しています。 本サイトの持つこのような背景により、ご利用に当たっては次の点にご留意下さい。
  1. サイトの性質上一般的でない説明や独自に定義されたの造語が用いられている場合があります。
  2. 出来る限りにおいて正しい内容を掲載するよう勤めていますが、内容の正確性を保証するものではありません。
  3. 著作者による校正中或いは調整中のものを含んでいる場合があります。
  4. 細かな訂正・改訂は著作者の都合により履歴を記すことなく行う場合があります。

内容一覧

現在公開している内容は次の通りです。


著作者紹介

でるたま〜く / 英国で勤めた物理学の教師を退職後、ドイツで再び研究を続けました。 最近は現代資本主義社会を鑑み、 新たに体現したいことに向け教育機関から離れて準備を続けています。 専門として関わってきた分野は物理、教育、他に精神病理。 趣味はギター・ピアノ演奏。 座右の銘は「身の程を知れ」。基本原理は食べて生きてゆくこと。 主な関心は散逸構造とマルクス経済学。